特色ある課外授業

夢をカタチにする清水ヶ丘のオリジナルカリキュラム
女子高ならではのきめ細かい教育と、私立高校ならではの柔軟なカリキュラムで、高校3年間の学びをより充実したものへ活用。
近年ニーズの高い資格や、卒業後に時間と費用を使って身につける人も多いスキルを高校在学中に取得することができます。
可能性とモチベーションを高めるきめ細やかなフォロー
伸び盛りにある生徒たちの可能性は未知数です。
清水ヶ丘は、一人ひとりの才能や適性を見つめたフォローで、それぞれの可能性とモチベーションを引き出していきます。毎日の授業に加えて、「+α講義」を土曜日に展開し、希望進路に応じた力のさらなる強化を図り、花開く未来に向けて、心強くバックアップします。
3つのコースで希望に応じた進路指導を実践
進学、就職など、目標別に適した3つのコースを設定し、
それぞれに合わせた進路指導を実践しています。
基礎力・応用力を強化する夏・冬期教科学習を実施
国語・数学・英語・理科・地歴公民・商業の各科目の教科学習や
小論文講座を開設し、進路目標の実現をめざしています。
資格取得講座
希望者を対象に現在ニーズが高まっている医療・介護の資格を取得できます。
※希望があれば保護者の方も受講も可能です。
 
介護職員初任者研修(旧ホームヘルパー2級)
介護福祉士になるために必要な資格で、2006年度から開講し、今まで87名が資格を取得して卒業しました。
この資格を活かして介護の職場で働いている卒業生が多数います。
外部の専門の先生による丁寧な指導や、高齢者施設での実習により、実践的な能力を身につけます。
さらなるステップアップとして、「介護事務」の資格(昨年度は4名合格)も取得可能です。
医療事務講座
病院での勤務に有利になる資格で、2006年度から開講し、今まで19名が資格を取得して卒業しました。
医療事務の試験は難関ですが、本校では1回講座を申し込むことで、1度目の試験に失敗したとしても、2年間講座を受け続けることができるので安心です。
e-learning「すらら」
新しい学習の可能性を新規導入しました。
2013年度より演習授業において、インターネットを利用したe-learning「すらら」を導入しました。
国語・英語・数学の3教科を中学校までの基礎基本を復習するだけでなく、それぞれのペースに合わせた学習を行い、苦手をなくし、得意な部分を先取りして、学力を伸ばしていくことができます。