教養

教育方針



立った時の美しい姿勢や正式なおじぎの仕方、椅子に腰掛ける時のエレガントな作法などを学びます。また、より好感を持っていただけるあいさつや仕草を身につけるため、表情や発音のレッスンも行ないます。

畳の生活が少なくなり、学ぶ機会の少なくなった日本間での礼儀作法を学びます。正座や和室での歩き方、障子の開け閉め、おはしやお盆の正式な持ち方などを通して、日本の伝統文化を大切にする心を育てます。

まずはお茶を身近に感じてほしい、茶道に興味を持ってほしい、との思いから、入門編ともいえる「盆略手前」を習得します。お茶をいただく時の作法を知っておけば、いざという時にあわてることもありません。

生花のこころは「季節を愛でる心」。
生花の授業では、日本ならではの四季の移ろいを花を通して感じることから学びます。実際に生けてみると、それぞれの個性が強く表現されるのもお花の魅力です。

食事の場で、スマートに楽しい時間が過ごせるよう、ナイフとフォーク、ナプキンの使い方などテーブルマナー全般を学びます。ホテルのレストランで行なわれる実習は、生徒たちが楽しみにしている授業のひとつです。

それぞれの色彩の特性と、その使い方で人に与える印象が大きく変わることを知り、TPOに合わせたカラーコーディネートができる女性を目指します。服装やインテリアなど、実生活への応用力が高まります。