2013年度 オリエンテーション

清水ヶ丘高等学校では新1年生に学校生活に慣れてもらうために、オリエンテーション期間を設けて
いろいろな行事や講演を行います。
以下は、本年度の新入生オリエンテーションの様子です。最初は緊張してそわそわしていた1年生も、
すぐにうちとけて、クラスメイトと楽しくすごすようになってきます。

ホームルームでオリエンテーションの日程の説明や諸注意をして、高校生活のスタートです。
教室ではすでに高校生活を楽しんでいます。ピースサインが見えます。
校長先生に高校生活の心構えなどのお話をいただきました。
校歌の練習をしています。早く覚えて、しっかりと歌えるようにしましょう。 日常生活は挨拶が基本。立ち止まって、心から挨拶ができれば、きっとよい人間関係が築けるでしょう。 礼儀服装についての説明です。あれっ、中央の先生の服装が乱れていますね。いつもは、ピシッと決まっているのにどうしたのでしょう。実は、このような格好をどう思いますかという実演なのです。
進路指導に関する説明をしています。3年後の自分を見据えて、今スタートを切ることが夢をかなえる近道です。 携帯電話の使い方の勉強です。間違った使い方をすると、加害者にも被害者にもなりうることがわかりましたか。 クラブ紹介の一部をお見せします。バスケットボール部
美術部 薙刀部 バドミントン部
ソフトボール部 音楽部 柔道部
文芸部 ブラスバンド部 華道部
演劇部 ソフトテニス部 ハンドボール部
紹介の後は、クラブのブースに行って詳しく説明を聞きます。 お気に入りのクラブがあれば、入部しましょう。 英語部に入りませんか?と、英語で誘っています。
避難訓練も行いました。地震による火災が発生したという想定です。1年生は慣れないながらも一生懸命訓練に参加していました。 この日は盛りだくさんでしたね。おつかれさまでした。


ご紹介した以外にも、約一週間のオリエンテーション期間の間には、ロングホームルームが毎日あります。
また、健康診断・スポーツテスト・基礎力診断テスト・校舎案内なども行われます。
オリエンテーションの中で、清水ヶ丘高校の雰囲気に慣れ、友達もできたようです。
1年生の皆さんが、中学の時とは違う新しい気持ちで、高校生活に臨んでいることがうかがえました。