呉市立美術館 「この世界の片隅に」展で発表を行いました。

マンガとアニメで見る こうの史代 この世界の片隅に展 

日時:平成28年8月7日(日) ①10:30~  ②14:30~
場所:呉市立美術館

中国新聞「この世界の片隅に」展 記事

広島出身の漫画家・こうの史代さんの企画展が呉市立美術館で開催中です。
本校の生徒も、この企画展の関連展示「きものをリメイク!戦時中のファッション」に参加し、発表を行ってきました。もんぺの完成については以前の記事でお知らせしましたが、制作中の過程や工夫した展について模造紙にまとめ、実際にもんぺを着て発表しました。
参加した2年生の石川由茉さん(呉市立昭和中学校出身)、久留間香織さん(呉市立両城中学校出身)は3月頃から準備をはじめ、しっかりした作品を作ってきました。二人は当日、美術館でこうの史代さんの原稿を見たり、当時の人が寄贈された実際の生活用品などを見学し、当時の暮らしや平和について考える良いきっかけを作ったようです。

この日の様子は8月8日(月)付の中国新聞・呉地域欄に掲載されていますので、ご覧になって下さい。
また、この展示会は前期が9月2日(月)まで、後期が9月14日(水)~11月3日(木・祝)と内容を変えて開催されますので、ぜひ足を運んでみて下さい。

IMG_1075 IMG_1086
IMG_1094 IMG_1090