2学期始業式を行いました。

2学期始業式

日 時:平成30年8月17日(金)

場 所:清水ヶ丘高校体育館

 

本日より2学期がスタートしました。始業式では最初に、このたびの平成30年7月豪雨で被災された皆様・亡くなられた皆様へ生徒・教職員で黙祷を捧げました。

校長先生の式辞の後に全員で校歌を歌い、気持ちを新たにして授業や試験を行いました。生徒のみなさんにとって、しばらくの間は交通手段など不安な面もまだあるかと思いますが、全員でサポートをしていきますので、一緒に頑張りましょう。

 

【校長式辞】

今年は本当に特別な夏休みでしたが、皆さんが無事にここに集まることができて本当にうれしく思います。さて、私たちは先月、これまでに経験したことのない大災害に見舞われました。被害で亡くなられた方々のご冥福をお祈りすると同時に一刻も早い復興を願わずにはおれません。
こうした不利な条件の中でも私たちは清水ヶ丘高校で学び続けなければなりません。呉の都市の魅力や学校の魅力の「素」は人々の数だけでは決まらないでしょう。
今年は明治維新から150年にあたります。明治維新を行った中心藩の一つ山口県長州藩萩にあった小さな家の塾に学んだ長州藩士が明治維新を成し遂げました。その塾で学んだ数人の若者が藩を変え、日本を変えました。大きな変革を行うためには必ずたくさんの人数が必要だとは言えません。
明治維新のことを思えば、清水ヶ丘に学んだわずかの数の私たちあっても、学校を変え、呉市を変える力を持つことができるはずです。
この歴史を踏まえ、私たちには「呉市を元気にし、交通網の不利を跳ね返す魅力を清水ヶ丘高校が作るんだ」という強い意志が大事であり、必要だと思います。まだ交通網も整わず、通学もままならない状態ですが、逆境を乗り越えて頑張りましょう。